フランスの本
Image-empty-state.png

Agen / アジャン

genアジャン駅下車。Lot et Garonne県の県庁所在地であるだけに大きい町ですが、旧市街といった雰囲気を持った地区はほとんどありません。この町はPruneau(干しプラム)で有名で、フランス全土のみならず、日本でも目にします。ここのPruneauはA.O.C.原産地呼称統制の指定まで受けています。

よって、『地方菓子』の方でも、このPruneauを使ったものが多いです。まずは「Pruneaux d’Agen」でそのままの干しプラムです。これをベースとして「Galets de Garonne」というものがあります。これは「Pruneau d’Agen」をchocolatとpoudre cacao(カカオパウダー)で包んだものです。そして「Pruneaux Fourrés」があります。これはPruneauにPruneのPâte de fruitのようなものが詰められているものです。そしてこれをベースとして「Ptites Gsconnes」があり、「Pruneaux Fourrés」をchocolatで覆ったものです。このようにAgenがPruneauの産地であることから、この地域の付近ではPruneauを使ったものが多い事も事実です。Landes地方でよく見られる「Tourtière」の中身にPruneauがよく使われることがいい例です。こういったことが『地方菓子』の面白さだと思います。