プロヴァンス・アルプ・コート・ダジュール、頭文字をとってPACAパカと称します。非常に公汎な地域を含んでいますが、他は思いのほか共通点が多いです。まず、歴史的に見ても何故この地域圏にHautes Alpesオート・アルプ県が入っているのかわかりません。ここは伝統的にDauphinドーファン伯領であり、その後のDauphinéドーフィネ州の南端に位置しており、文化的にもそちら寄りのものが多く見られます。他の地域は概して多くの共通点が見られますが、これは中世初期のRoyaume de Bourgogneブルグンド王国(Franche Comtéフランシュ・コンテ地域圏参照)から始まり、15世紀までは神聖ローマ帝国(形骸的にはブルグンド王国(アルル王国とも)の名の下)プロヴァンス伯領であり、その後はフランス領であったという歴史的バックグラウンドがあるためです。Alpes Maritimesアルプ・マリティーム県に関しては、同時期に一旦フランス領となった後、近世にはSavoieサヴォワ公国、それに続くSardaigneサルディーニャ王国(後のイタリア王国)の一部になり、フランス革命期にはフランスとサルディーニャ王国との間を行ったり来たりして最終的にフランスに併合されたのは19世紀半ばのことです。このようにAlpes Maritimesについては近代までイタリア文化の影響が続いていました。現在ではフランスのみならず世界的にvacancesヴァカンスのリゾート地として有名であり、個人的には温暖で過ごし易いイメージがありましたが、夏も湿気が多く、 もちろん冬は寒く て寒ければ観光客もいないですし、冬は夏とのギャップで非常に寂しい空気が流れています。

【Provence-Alpes-Côte d’Azur ( PACA ) / 
プロヴァンス・アルプ・コート・ダジュール(パカ)】/ 

provence alpes cote d'azur.jpg
Abbaye de Sénanque / アベイ・ドゥ・セナンク

Abbaye de Sénanque / アベイ・ドゥ・セナンク

Gordesゴルドから車で40分くらいrparc naturel régional du Luberonリュベロン自然地区の山道を走るとあります。山間の地にぽっかりと浮かぶ「ラベンダー畑の修道院」といえばここだと思います。残念ながら冬のvacancesのときに訪れたので、lavandeラベンダーは咲いていませんでしたが、その面影は感じる事ができました。

Aigues Mortes / エグ・モルト

Aigues Mortes / エグ・モルト

St.Laurent du Varサン・ローラン・デュ・ヴァールから車でで3時間くらいでした。城壁に囲まれた町で古い町並みも残っています。小さいですがSNCFフランス国鉄の駅もあります。周りにはCamargue湿原が広がり、vacancesの時期には観光客で賑わいます。

Aix en Provence / エクス・アン・プロヴァンス

Aix en Provence / エクス・アン・プロヴァンス

Aix en Provenceエクス・アン・プロヴァンス駅下車。Marseilleマルセイユから40分ほどです。旧プロヴァンス伯領の首都として栄え、現在でもProvenceの文化の中心を担う程の都市です。古い町並みも残っていますが、所謂「旧市街」という感じよりは、「一昔っぽい町並み」といったほうがいいような気がします。

Apt / アプト

Apt / アプト

Gordesゴルドから車で30分くらいです。parc naturel régional du Luberonリュベロン自然地区の中では最も大きな町です。この町はProvenceプロヴァンス地方の中でも特に「Fruits Confitsフリュイ・コンフィ(フルーツの砂糖煮)」の一大産地として有名です。この町には工業博物館があり、「Fruits confits」の作業工程を垣間見る事ができます。町中にも数件のConfiserie糖菓店がありますが、製造工程等は見れないただのboutique売店です。郊外に行けば大きな工場があり、その行程を見る事が出来ます。また、この町は陶器の「faïence d’Aptアプト焼き」でも有名です。

Arles / アルル

Arles / アルル

Arlesアルル駅下車。Nîmeニームから25分くらいです。この町もOrangeオランジュ同様古くローマ時代から栄え、とくにArlesはProvence屈指の大都市としてMarseilleマルセイユを凌ぐ程の規模を誇っていました。また、現在でも多くの遺跡が残されており、その栄華を垣間見る事が出来ます。そして「Arles, monuments romains et romansアルルのローマ遺跡とロマネスク様式建造物群」として世界遺産に登録されています。また、この町はVincent van Goghヴィンセント・ヴァン・ゴッホの「l’Arlésienneアルルの女」でも有名です。町の民俗学博物館に行くといつでも民族衣装を来た「アルルの女」に会う事が出来ます。

Avignon / アヴィニョン

Avignon / アヴィニョン

Avignon Centreアヴィニョン・サントル駅下車。Nîmeニームから30分くらいです。AvignonにはAvignon TGVという駅もあり、TGV専用の停車駅となっていますが、中心地からはかなり遠いので、シャトルバスに乗ることになります。この町は「教皇のアヴィニョン捕囚」として日本でも知られています。このようにしてこの地に教皇庁が置かれ、Palais des Papes教皇宮殿などの歴史的建造物が多く、「Centre historique d’Avignon : Palais des Papes, Ensemble Épiscopal et Pont d’Avignonアヴィニョン歴史地区 : 教皇宮殿、大司教座の建造物群およびアヴィニョン橋」として世界遺産に登録されています。城壁に囲まれた雰囲気のいい町です。

Bonnieux / ボニュー

Bonnieux / ボニュー

Avignonアヴィニョンからバスで45分くらいです。しかし、降りたgare de Bonnieuxという場所は国道沿いのなにもないところで、そこから村までは農道のような周りを畑で囲まれた道を歩くこと1時間半ほどかかりました。バスによってはしっかりとcentre中心まで行ってくれますが、ちょうどよい時間ものがなくこれに乗ってしまいました。parc naturel régional du Luberonリュベロン自然地区に位置しています。この町には珍しくboulangerieパン屋に関するmusée博物館があることを知ったので訪れましたが、ちょうど冬休み期間にあたり、見学する事はできませんでした。夏にはvacanceヴァカンス客で賑わうようですが、この11月には人気もまばらで閑散としていました。村自体は古い町並みが残ったいい佇まいですが、いかんせん小さいです。菓子屋も特になく、なんのために行ったのやら、という感じでした。もちろん帰りも国道まで1時間半歩きました。

Camargue / カマルグ

Camargue / カマルグ

フランスでも珍しい湿地帯で、国立自然保護地区にも指定されています。ここにはヨーロッパで唯一野生のフラミンゴが生息しており、また「カマルグの白い馬」は放牧なのか野生なのかわからないくらい自然にそこらじゅうにいました。また、稲作(カマルグ米)栽培でも有名で、南の湿地帯では日本のように稲が植えられている様子が見られます。そしてさらに、南部の海岸付近には塩湖があり、塩の生産でもその名を知られています。

Carpentras / カルパントラ

Carpentras / カルパントラ

Avignonアヴィニョンからバスで30分くらいです。なんてことはない町ですが、FranceでCarpentraと言ったらBerlingotベルランゴというbonbon飴で非常に有名です。そもそもberlingotとはテトラパックのことで、その形状をさしているものです。

Eze / エズ

Eze / エズ

Niceニースからバスで30分ほどです。国鉄も走るには走っていますが、町が丘の上にあり、駅は海岸沿いであるため、しかも駅から村までは舗装もされていない荒れた道、「Le Chemin Nietzscheニーチェの道」と言われる道を通らねばならず、登りで2時間ほどはかかります。この道は哲学者ニーチェがその著書「ツァラトゥストラはかく語りき」を思案した道として有名です。なので、もし通るならば、行きはバスで村の目の前に着き、帰りにこの道を通って電車に乗る、というプランがお勧めです。

Gap / ガップ

Gap / ガップ

Gapガップ駅下車。Grenobleグルノーブルから電車でしたがそれが遅れに遅れて2時間以上かかりました。小さな町で、旧市街もそれほど、といったところです。

Gordes / ゴルド

Gordes / ゴルド

Valenceヴァランスから車で2時間くらいでした。parc naturel régional du Luberonリュベロン自然地区の山道を登って行くと突然右手に見えてくる、丘に張り付いたような村がGordesです。所謂「鷲の巣村」と呼ばれます。この村は「les plus beaux villages de franceフランスで最も美しい村」の一つに数えられ、その中でも特に有名です。村の中は石組みの家やその間をはしる細い道などその雰囲気はまさに「le plus beau village」です。冬のvacancesで訪れた事と、着いたのが夕方だったことから、多くの店舗は閉まっており、数店のrestaurantがやっているのみだったのが残念です。