ラングドックが「Langue d’Ocオック語」に由来することはまま知られていますが、これは何もこの地域に限った事ではなく、フランスの南半分からスペイン、イタリアに渡る広い地域で話されていた言語です。ルシヨンにしてもこの地域圏のほんの一部(Pyrénées Orientalesピレネー・オリエンタル県)に過ぎません。他の地域も歴史的にはトゥールーズ伯領の一部であり、首都に近い西部は類似性が多々見られますが、Nîmesニームなど東部はProvenceプロヴァンス的、山間部のMendeマンドなどはAuvergneオーベルニュ的な文化が色濃く感じられます。これはBourgogneブルゴーニュ地域圏とは対照的に、まさに政治・体制という枠組みより地理的要因が勝っている良い例だと思います。『Languedoc Roussillon』と言って括られていても、文化的背景の異なる地域の集まりなのです。よって、多少の類似性はみられるものの、まさに『地方菓子』といったものはあまり見られません。しかし、他の地域圏同様、各都市固有の『Spécialité』があることも事実です。

​【Languedoc-Roussillon / ラングドック・ルシヨン】

languedocRoussillon.jpg
Mende / マンド

Mende / マンド

Montpellierモンペリエからバスで2時間半くらい国立公園の山中を走った場所にあるLa Bastideラ・バスティードから、電車でさらに1時間半程いった山間部にある小さな町ですが実はLozèreロゼール県の県庁所在地です。本当はその南、国立公園の真ん中にあるFloracフロラックと言う町に行き、その町のspécialitéである特徴的なbriocheブリオッシュを探したかったのですが、Floracまでは往復一日では無理だったので、もしかしたら近くのこの町にもあるかと思い訪れた次第です。

Pézenas / ペズナ

Pézenas / ペズナ

Montpellierモンペリエから電車で一時間くらいのBéziersベジエからバスで20分くらいの場所にありるHéraultエロー県に属する町です。Bezier駅から坂を登っていった場所にあるGare Routièreバス停から、確か216番のバスだったと思います。とても小さいですが、旧市街もしっかりとのこっており、またBrocant古道具屋が多くあり、雰囲気の良い町です。

Montpellier / モンペリエ

Montpellier / モンペリエ

Montpellierモンペリエ駅下車。Lyon Part-Dieuリヨン・パール・デュー駅から3時間程です。中世から学園都市として栄え、特に医学部はフランスで一二を争う程です。Héraultエロー県の県庁所在地にしてLanguedoc-Roussillonラングドック・ルシヨン地域圏の首府であるためフランスで第八位の規模を誇る大きな都市です。駅からtramトラムにそって現代的な町並みの坂を登って行くと中心地のplace de la comedieコメディー広場に着きます。さらにその奥に旧市街が広がっています。新旧市街地が融合した町という印象があります。

Nîme / ニーム

Nîme / ニーム

Nîmeニーム駅下車。Perpignanペルピニャンから電車で2時間程です。Gardガール県の県庁所在地だけにそれなりに大きな町です。行政的にはこのLanguedoc-Roussillonラングドック・ルシヨン地域圏に属していますが、 その歴史的背景から、 古代からのローマ文化の影響を色濃く残しており、ローマ遺跡はもちろんのこと、ローマ時代に繁栄した隣接するPACAプロヴァンス・アルプ・コート・ダジュール地域圏に似通った食文化をもっています。また、古くから織物産業で栄え、ジーンズを表す「デニム」は「de Nîme(ドゥ・ニーム)」由来と言われています。

Sète / セート

Sète / セート

Sèteセート駅下車。Perpignanペルピニャンから1時間程です。Héraultエロー県に位置する港町で、世界遺産である「Canal du Midiミディ運河」の東端に位置しています。観光が盛んな港湾都市としての体をしているため、旧市街といったものはなく、比較的整備された町です。この町にはsétoiseセート風の名前のつく料理がいくつかあり、特徴として「calmar」「seiche」といった「烏賊」を使っている事が多いです。

Collioure / コリウール

Collioure / コリウール

Collioureコリウール駅下車。Carcassonneカルカッソンヌから電車で30分くらいです。地中海に面した漁港として栄え、スペイン国境までも20kmほどの場所に位置しています。とても小さな町ですが、Henri Matisseアンリ・マティスをはじめ多くの画家に愛された町として有名です。

Castelnaudary / カステルノーダリ

Castelnaudary / カステルノーダリ

Castelnaudaryカステルノーダリ駅下車。Toulouseトゥールーズから電車で20分程です。駅からは一本道を丘に建つ中心部まで歩いて行く感じで、とても小さい田舎町です。この町はその名の通り、cassouletカスレ(haricot blanc白インゲンの煮込み)で有名で、Toulouseトゥールーズ、Carcassonneカルカッソンヌとともにその発祥地議論が絶えません。

Perpignan / ペルピニャン

Perpignan / ペルピニャン

Perpignanペルピニャン駅下車。Carcassonneカルカッソンヌから40分程です。Pyrénées-Orientalピレネー・オリエンタル県の県庁所在地であるだけにそこそこ大きな町です。駅には「Perpignanは宇宙の中心だ」と言ったSalvador Daliサルヴァドール・ダリの像が飾られています。歴史的にこの町はRoussilonルシヨン伯領の首都として、その後はバルセロナ伯領、アラゴン王国、カタルーニャ君主国とスペインの一部であった時代が長く続きました。よって、文化的にもその影響が色濃く残っています。菓子にも料理にも「catalanカタルーニャの」の名前のつくものが多いです。

Carcassonne / カルカッソンヌ

Carcassonne / カルカッソンヌ

Carcassonneカルカッソンヌ駅下車。Toulouseトゥールーズから1時間程です。Audeオード県の県庁所在地であり、それなりの規模を持った都市ですが、旧市街として見るべきは中心のcitéシテ城塞都市部で、ville basse下町にはこれといって風情のある町とは言えませんでした。このcitéは「Ville fortifiée historique de Carcassonne歴史的城塞都市カルカッソンヌ」として世界遺産に登録されています。Conseilにも載せましたが、本当に綺麗な夜景です。内部も中世の様子そのままで非常に雰囲気があります。