​【Limousin-Périgord / リムーザン・ペリゴール】

alsace.jpg

Limousinは古くはリムーザン子爵領として、そして現在ではリムーザン地域圏として独立した地域圏でありますが、Périgordペリゴールは旧ペリゴール州、それ以前のペリゴール伯爵領に従う歴史的な地名であり、現在ではAquitaineアキテーヌ地域圏に属しているDordogneドルドーニュ県として存在しています。現在はこのように全く違う地域圏に属していますが、中世においては同じ様にlangue d’ocオック語の方言であるリムーザン語を話す地域でした。ちなみにここ以南では同じオック語でも違った方言のラングドック語、南西部ではガスコーニュ語が話されていました。また、地理的にも植生域がかぶるものも多く、支配体制は違う歴史をたどってきたにも関わらず、文化の根本に関わる言語という共通点も持っているために、その他の文化的側面にも多くの共通点を持っています。それは食文化、『地方菓子』についても然りです。一方、Périgordはその属するAquitaineとの共通点がほとんどないのが実情です。ですので、ここでは地域圏という枠組みから離れて、歴史的、文化的な側面を重視した区分けを取りたいと思います。地域圏ごとの区分けというこのHPでの原則からは外れてしまい、他のものと比べて分かり辛くなってしまうかもしれませんが、PérigordをAquitaineに区分けしても「面白くない」のです。それよりは歴史的な側面も合わせて共通点を見いだせるLimousinと合わせたほうが「面白い」と思います。

PerigordS.jpg

Périgordは左の地図の様に得てして四つの地域に分けて語られることが多いです。北のPérigord Vert(緑ペリゴール)、中央のPérigord Blanc(白ペリゴール)、南東のPérigord Noir(黒ペリゴール)、そして南西のPérigord Pourpre(真紅ペリゴール)です。Vertはchêneオークやchâtaignier栗の木などが豊富な自然公園を含んでおり、また牧草地も大きいためにこのように呼ばれます。Blancはその石灰質の地質からそのように呼ばれ、この地域の穀物地帯として有名です。Noirはchêneオーク林が遠くから見ると黒く見える事から来て言います。Pourpreは他のものに比べて新しい呼称で、近年のエコ・ツーリズムの関係から、この地域の特産であるvin(Bergerac A.O.C.など)を想起させてる色としてこの名称が採用されています。Périgordではその石灰質の土壌、chêneやnoisetteハシバミの木といった生息条件からTruffe du Périgordとして高品質で高価な黒トリュフを産します。また、Périgord東部で採れるnoixクルミは良質で知られ、A.O.C.(原産地呼称統制)にも指定されています。地質の関係でTruffeは採れませんが、Périgordと似通った植生はLimousinにも見られ、それは『地方菓子』に反映されています。また、Limogeリモージュはフランスで最も有名な量産磁器の産地で、PérigordはFoie Grasフォア・グラの産地です。ちなみにPérigordはDordogneドルドーニュ県にほぼほぼ収まっています。

Salrat la Canéda / サルラ・ラ・カネダ

Salrat la Canéda / サルラ・ラ・カネダ

Brive la Gaillardeブリーヴ・ラ・ガイヤルドから、Midi-Pyrénéesミディ・ピレネー地域圏のSouillacスーイヤックを経由してバスにて1時間半程かかります。S.N.C.F.フランス国鉄の駅はありますが、基本的にバスでの移動になります。駅から町まではそれなりに歩かなくてはいけません。ここは大きな町ではありませんが、中世の町並みが残っている事で有名で、沢山の観光客が来ます。それなりの大きさの町では旧市街よりも快適な現代的な作りに取って代わりつつありましたが、この町は文化財保護法であるマルロー法によって保護された町第一号になったからです。この町はPérigord Noirの中心でもありますので、「Foie Gras」や「Truffe」といったものが特産で、それらを売る商店も沢山あります。

St. Astier / サン・タスティエ

St. Astier / サン・タスティエ

St.Asthierサン・タスティエ駅下車。Pèrigeuexペリグーから電車で10分程です。とても小さい町で観光にはまったく向いていません。

Thiviers / ティヴィエ

Thiviers / ティヴィエ

Thiviersティヴィエ駅下車。Périgeuexペリグーから電車で20分程です。駅から中心部までは少し歩きますし、とても小さい町です。観光とは無縁と言ってもいいと思います。

Périgueux / ペリグー

Périgueux / ペリグー

Périgueuxペリグー駅下車。Brive la Gaillardeブリーヴ・ラ・ガイヤルドから電車で50分程です。旧Périgordペリゴール伯領の首都であり、州編成時からはGuyenneギュイエンヌ州の一部となり、現在ではDordogneドルドーニュ県となりましたが、現在でもここに県庁所在地が置かれています。駅から中心部までは15分程歩かねばならず、必ずしも旧市街が多く残っているわけではありません。それでも古代ローマ遺跡が残っているなど見所もあります。この町を中心地とするPérigordを有名にしているものとして「Foie Gras」と「Truffe」があげられます。まさに美食の町として名を馳せています。

Tulle / チュール

Tulle / チュール

Tulleチュール駅下車。Brive la Gaillardeブリーヴ・ラ・ガイヤルドから電車で20分程です。中心地までは20分ほど歩かなくてはいけませんが、渓谷のような雰囲気の町でそれほど苦にならないと思います。Corrèzeコレーズ県の県庁所在地ではありますが、その立地から産業的に発展しておらず、最大の町はBrive la Gaillardeになります。この町を最も有名にしているのはレース編みの一種「Tulleチュール布」であり、日本では「亀甲紗」とも呼ばれています。

Brive la Gaillarde / ブリーヴ・ラ・ガイヤルド

Brive la Gaillarde / ブリーヴ・ラ・ガイヤルド

Brive la Gaillardeブリーヴ・ラ・ガイヤルド駅下車。Limogesリモージュから電車で1時間程です。Corrèzeコレーズ県最大にして、Limousinリムーザン地域圏第二の都市ですが、県庁所在地なわけではありません。このように大きな町ですが、これは産業革命後の発展に寄与しているため、旧市街といった趣はほとんどありません。この町でもっとも有名なのが「la Moutarde de Violette」でしょう。これはその名の通り、violetteスミレのような紫色をしています。これはDijonディジョンのmoutardeがアブラナ科のカラシナをvin blanc白ワインに浸けているのに対して、こちらはvin rouge赤ワインに浸けているためです。

Guéret / ゲレ

Guéret / ゲレ

Guéretゲレ駅下車。Limogesリモージュから電車で1時間程です。駅から中心部までは住宅街を歩かなければいけなく、少々かかります。古くはla Marcheラ・マルシュ伯領の首都として、現在でもCreuzeクルーズ県の県庁所在地として栄えている町で、それなりに旧市街地も残っています。

Limoges / リモージュ

Limoges / リモージュ

Limoges Bénédictinsリモージュ・ベネディクタン駅下車。Parisから特急で3時間程です。Haute Vienneオート・ヴィエンヌ県の県庁所在地にしてこの地域圏の首府であり、それなりに大きな都市です。駅から中心部まではそこそこ歩きますが、旧市街もそれなりに残っています。この町で最も有名なのが「Porcelaine de Limogesリモージュ焼き」と呼ばれる磁器です。他にフランスで有名なのものに「セーヴル焼きPorcelaines des Sèvres」がありますが、こちらは高級磁器になります。他に有名なものに「ジアン焼き」「カンペール焼き」などがありますが、これらは「faïenceフィアンス焼き」と呼ばれる錫釉陶器です。分かり易く言えば、前者が「伊万里焼き」で後者が「瀬戸焼き」になります。

St. Yrieix la Perche / サン・ティリュー・ラ・ペルシュ

St. Yrieix la Perche / サン・ティリュー・ラ・ペルシュ

St.Yrieix la Percheサン・ティリュー・ラ・ペルシュ駅下車。Limogesリモージュから電車で30分くらいです。この町はとても小さいですが、フランス磁器の歴史にとって最も大きな貢献を果たした町です。それはフランスで初めてカオリナイトと呼ばれる粘土鉱物が発見されたからです。この発見によって初めてフランスで(以前は中国からの輸入のみ、そしてヨーロッパ初はザクセン公国のマイセン)磁器が生産されるようになったのです。

St. Léonard de Noblat / サン・レオナール・ド・ノブラ

St. Léonard de Noblat / サン・レオナール・ド・ノブラ

St.Léonard de Noblatサン・レオナール・ド・ノブラ駅下車。Limogesリモージュから電車で20分程です。丘の上に建っているので駅からは上り坂になります。とても小さい町ですが、旧市街も多少残っています。