フランスの本

Mâcon / マコン

Mâconマコン駅下車。Saône et Loireソーヌ・エ・ロワール県の県庁所在地であり、川の対岸の隣町も合わせるとそれなりの大きさの町です。Rhône-Alpesとの圏境に位置しているため、そちらの文化の影響も多く見られます。

Image-empty-state.png
例えばRhône-Alpesで最も多い『地方菓子』である『Brioche à la praliné』やLyonのSpécialitéでもある『Tarte à la praliné』なとが見受けられました。BourgogneとしてのSpécialitéでは『Galette de Bourgogne』といって、いわゆる『Galette de roi』の中身がCréme Frangipaneで、そこにCassisの風味をつけたものです。また、『La Gaufrette Mâconnaise』と呼ばれる物は、Nord-Pas de Calaiで見られる『Gaufre』と同じ生地ではなく、その焼き型が同じである事からその名前がついたと思われます。こちらは焼成したものを筒状に丸めたものです。また、この町周辺ではA.O.C.(原産地呼称統制)ワインを産し、白はとても飲みやすかったです。