フランスの本

Quiberon / キブロン

Image-empty-state.png
さて、『地方菓子』ですが、「Kouign Amann」「Far Bretonne」「Galette Bretonne」「Gâteau Breton」そしてもちろん「Caramel au Beurre Salé」がありました。特筆すべきspécialitéとして「Les Niniches」というものがあります。これは棒のついたスティック状のbonbon飴で、様々な味がありました。

Vannesヴァンヌからバスで一時間半くらいです。Aurayオレーからは電車も走っています。 以前は島でしたが土砂の体積で陸続きの半島になりました。イワシ漁が非常にさかんで、boîte de sardines à l’huileオイル・サーディンの缶詰めが名産品です。特に旧市街といったものはないですが、海、浜ありの観光地です。この町には日本でも「Caramel au Beurre Salé」で有名な「Le Roux」があります。残念ながらM.Le Rouxにはお会いする事は出来ませんでしたが、さすがに美味しかったです。菓子に関して言うならば、日本とは材料、特に乳製品の質が違うということが美味しさの違いであると感じます。ピンキリありますが、上は明らかに日本のものよりコクがあり、味わい深いですが、下は品質が非常に不安定で味も劣ります。まあ、それも「C’est la France.それがフランスだ」の一言で片付けられるのだからすごい国だと思います。