Image-empty-state.png
この町のspécialitéはもちろんpimentやcerise noireを使い、Basqueのspécialitéであるchocolatと合わせたものです。他には生地にpiment d’Espeletteを入れた「Biscuit Salés Fromage de Brebis et Piment d’Espelette」というものもありました。そして、これぞまさにと言わんばかりの「Confiture de Piment d’Espelette」もありました。辛くて甘い!と分かりやすいジャムです。また、この地域の名産品であるcerise noireスリーズ・ノワール(黒いサクランボ)のconfitureもありました。そしてこの村の一軒では100年以上前からのspécialitéとして「Tartelette d’Espeletteタルトレット・デスプレット」というものがありました。これはただ単純にpâte feuilletée(パイ生地)の上にcrème pâtissière(カスタード・クリーム)をのせて焼いただけです。そして「sucetteスュセット」があり、これは一般的に「棒つきキャンディー」のことですが、様々な味の中にpiment味やcerise noire味がありました。もちろん「Gâteau Basque」もありました。
Bayonneバイヨンからバスで40分程です。公共機関を使って行くとすると日帰りはきついか無理だと思うので、村で一泊することをお勧めします。また、バスも季節によっては予約しなければ出てくれない場合のあるので注意が必要です。小さな村ですが、本当に牧歌的で村全体がまさに「pimentピマン(唐辛子)」っと言った感じです。観光客も多く、お土産屋が並んでいるものの、町並みはBasqueそのもので、またその周りにはBasqueの山並みが広がっています。この町は「pimentピマン(唐辛子)」の一大産地としてフランスのみならず、もちろん日本でもその名を目にする事ができます。ここのpimentは辛みはあまりないですが香りが強く、フランスではA.O.C.(appelation d’origine contrôlée原産地呼称統制)の指定を受けています。

Espelette / エスプレット