Image-empty-state.png
残念ながら『地方菓子』についてはこれといって目立ったものはありませんでした。一応「Pavé de Laon」というchocolatチョコレートがありましたが、この「Pavé」と名のつくchocolatは古い石畳が残る町ならば必ずと言っていい程あります。
Laonラン駅下車。St.Quentinサン・カンタンから30分くらいです。小高い丘の上に立つこじんまりとした城塞都市で、古い町並みも残っています。小さな町ですが、Aisneエーヌ県の県庁所在地になります。町までは長い上り坂と階段があり、非常に疲れますが、ケーブルカーもあり、それで丘の上の町の入り口まで行く事もできます。往復で1.10€でした。この町のCathédrale司教座聖堂は初期ゴシックの代表として知られ、後のChartresやParisのCathédraleのモデルとなったものです。

Laon / ラン