Cognacコニャック駅下車。Saintesサントから電車で20分程です。言わずと知れたeau de vieオー・ド・ヴィ(ブランデー)の産地です。コニャックの名は世界中で有名ですが、この名はA.O.C.(原産地呼称統制)に指定されているので、このCognac周辺でとれ、一定の基準をみたしたもののみが「Cognac」になります。よって、世界的に有名なdistillateur醸造業者はすべてこの町にあります。Brandyブランデーが「vin brûlé焼いたワイン」から来ていることはまま知られています。これはイギリスに輸入される際にオランダを通しており、当地では「Brandewijn(brande燃やしたwijnワイン)」と呼ばれ、これがイギリスで「Brandywine」となり語尾のwineワインが取れて単に「Brandyブランデー」となりました。またブランデーの等級についてもいろいろと混同しがちですが、一番重要なのは「統一した基準は無い」ということです。一般的には低い順に「1〜3つ星」「V.O.(very old)」「V.S.O.(very superior old)」「V.S.O.P.(very superior old pale)」となり、以下は上下が曖昧ですが「X.O.(extra old)」「Extra」「Napoléon」などがあります。このように等級分けされている以上、古いもの程高価になりますが、上記のように基準がないため、メーカーによってA社のV.O.より熟成期間の短く安いB社のX.O.ということも十分あり得ます。
Image-empty-state.png
この町で見つけた『地方菓子』としては、「Galette Charentaise」はもちろんのこと、spécialitéとして「Bouchon Cognac」と言うものもありました。これはCognacにmacérer浸けたraisinブドウを細かく切り、それらをpâte d’amandeアーモンドペーストと合わせてその周りをpâte à crêpeクレープ生地でenrober包んだものです。

Cognac / コニャック