Chamonix Mont Blancシャモニー・モン・ブラン駅下車。AnnecyアヌシーからはSt.Gervais les bainサン・ジェルヴェ・レ・バンを経由しなければならず、乗り換え時間混みで2時間以上かかります。言わずと知れた世界有数のウィンタースポーツのメッカです。この町には、「Mont Blancという菓子がここにはあるのか?」という興味本位で訪れました。フランスで「Mont Blanc」といえばParisパリの「Angelina」のものが有名ですが、ここ以外でこの名前のこの菓子はほとんど見る事が出来ないと思います。ですので、実際のMont Blancではどうか、と思った次第です。結果はというと、ありませんでした。この町でもう一つ見たかったのが西ヨーロッパ最高峰の標高4810mを誇るMont Blancそのものです。ですが、残念ながら時期的にロープウェーは停まっており、さらに薄曇りの天気と言う状態で見えたのか見えてなかったのか分かりませんでした。この町にはMont Blancの初登頂に成功したJacques Balmatとその登頂に多額に賞金をかけ、また自身も地質学者として登頂に成功したHorace Bénédicte de Saussureの像があり、Balmatの指差す方向にはMont Blancが見えるはずです。が、曇っていて微妙でした。
Image-empty-state.png
さて、この町にはいくつかのspécialitéがあります。まずは「Aiguillettes」でこれは「連なる鋭峰」を意味していて、まさにこの町に相応しい名称だと思われます。これは糖衣掛けしたamande concassée砕いたアーモンドとchocolatを合せてある程度の大きさでまとめたものです。「Rocher」の名前でよく見る菓子ですが、この名前で出されると「なるほど」と思ってしまいます。さらには「Palet de Glace」というものもありました。これはpraliné noisetteノワゼットのプラリネをmeringueメレンゲで覆って乾かしたものです。似たような菓子が経由地のSt.Gervais les bainでは「Glaçon de Savoie」という名前で売られていました。他にはSavoieの他の町と同じように「Croix de Savoie」もありました。面白いものに、「Les Drus」という二枚のmeringueメレンゲの根元をchocolatで固めてくっつけたものがありました。les Drusとはle Grand Druとle Petit Druの二つの尖峰からなる一つの岩峰の名前です。「Mont Blanc」はないのに「Les Drus」があるのも面白いところです。ちなみに同じくSt.Gervais les bainではこの同じ形態の菓子が「Mont Blanc」の名前で売られていました。

Chamonix Mont Blanc / シャモニー・モン・ブラン