Chârost / シャロスト

IssoudunからTERのバスで20分くらいでした。とても小さい町で商店はおろか、人の出入りのある建物は市役所を含めても4・5件であとは住宅です。なので観光とは無縁です。12世紀頃建てられた教会が歴史的建造物として登録されています。
Image-empty-state.png
ここでも「地方菓子」としてはIssoudunでもあった「Galette pomme de terreがありました。これはおそらく生地にpomme purée(ジャガイモを茹でてすりつぶして滑らかにしたもの)が練り込まれている、ただのfeuilletageパイ生地です。他には「Croquet de Chârost」というものがありました。これは南仏の「Navette」の様な水分の少ないBiscuitをbicarbonate d'ammonium et sodiumベーキングパウダーと重曹で持ち上げた感じのもので、カリカリです。
Ville précédente