Dankerqueダンケルク駅下車。Lilleリールから1時間くらいです。mer de Nord北海に面し、Normandieノルマンディ地域圏のLe Havreル・アーヴル、PACAパカのMarsseilleマルセイユに次ぐ国内第三の港湾都市です。この町も二度の大戦の戦禍に巻き込まれ、雰囲気のある町並みは残っていません。ただ、この町にも「Beffrois de Belgique et Franceベルギーとフランスの鐘楼群」として世界遺産に登録されている鐘楼がHôtel de ville市庁舎に見られます。
Image-empty-state.png
さて、この町で見られた『地方菓子』ですが、「Faluche」や「Palet de Dame」がありました。また、この都市名を見ても分かるように、この町の方言はHazerbrouckで説明した「ch’ti」とは異なり、他のnordノール県とは若干違った名前で呼ばれる菓子があります。それが「Cramique」で、この町では「Pain Gâteau Raisin」と呼ばれています。また、この町出身の有名な私掠船長(一国の政府から許可を得た海賊)であるJean Bardジャン・バールにちなみ、「Les Doigts de Jean Bard」という菓子がありました。これはdacquoise noisetteハシバミの実を用いたダックワーズでcrème au beurre au caféコーヒー風味のバタークリームをサンドし、chocolat au laitミルク・チョコレートでenrobé(包んだ)ものです。このような、その町の有名人にちなんだ菓子というのも『地方菓子』を見て行く上で面白いものです。

Dunkerque / ダンケルク